1. TOPページ
  2. 学ぶ
  3. 主体的な子どもを育む仕掛け〜子育てを通して、僕が考え実践してきたこと〜

主体的な子どもを育む仕掛け〜子育てを通して、僕が考え実践してきたこと〜

写真:ゲスト佐藤 陽平さん
佐藤 陽平さん
プロフィール
大分県臼杵市在住。学生時代は探検部部長を歴任し世界を放浪。大手企業を経て自然学校に参画。のべ5,000人以上の子どもたちに自然体験キャンプを実践してきた体験学習の専門家。「教育は家庭から」と考え、一般社団法人ひとねるアカデミーを設立。脳科学を取り入れ、子どもの個性を生かし、お手伝いなど日々の生活を教材に「社会で生き抜くチカラを養う」家庭教育を提唱。自治体のリーダー育成やブランディング、企業の戦略コンサルにも携わる。

イベント概要

\主体的な子どもを育む仕掛けとは?/

今、世界は情報社会(Society4.0)から超スマート社会(Society5.0)へと移行し始めており、そのほかにもグローバル社会、少子高齢化、新型コロナウィルスなど、社会の変革期の中で、どんな時代でも主体的に未来を切り拓く子どもに育てるにはどうしたらいいのか…
この答えのない問いに、子育て中の方であれば一度は思いを巡らせたことがあるのではないでしょうか?

大分県臼杵市に住む佐藤陽平さんは、自然体験学習のプロとしてのべ5,000人を超える子どもたちとキャンプを実践し、医学博士・脳神経外科医、篠浦伸禎氏から脳科学を学び、2人の息子さんにセルフリフォーム、釣り、子ども畑、魚さばき、包丁研ぎなどを通して、お手伝い教育法を実践されてきました。

どんな時代でも主体的に未来を切り拓く子どもに育てるにはどうしたらいいのか、佐藤さんと一緒に考えていきましょう!

サンプル動画を観る

(先生の学校に参加していなくても視聴できます)