1. TOPページ
  2. 雑誌「HOPE」
cover
MAGAZINE

雑誌「HOPE」

雑誌「HOPE」は、先生の学校サイトに掲載している記事を
雑誌にまとめたものです。
先生の学校に参加していただいている方のご自宅に、
年3回(7月・11月・3月)お届けします。

創刊号イメージ

PICK UP

スペシャルインタビュー
雑誌「HOPE」 見開きイメージ

出口 治明/立命館アジア太平洋大学(APU)学長

昔ながらの画一教育は、とっくにミスマッチ!「社会の構造」と「子どもの脳や心」に合わせた教育へ

01

小林 さやか/「ビリギャル」モデル

ビリギャル、再び猛勉強中!先生は、子どもの能力を引き出すコーチになってほしい

02

佐渡島 庸平/株式会社コルク 代表取締役

知識移転と感情労働、教師の価値が逆転!?子どもの心に寄り添う教師という名の感情労働

03
特集
雑誌「HOPE」 見開きイメージ

Action brings Hopeー行動は、希望を招くー

あらゆるステレオタイプを超えて「それでも、変えてみよう」と勇気を持って⾏動を起こし、⼦どもたちや学校に希望をつくり出している先⽣、学校、⾏政、⺠間の事例を特集。同調圧⼒や前例主義など、学校運営に蔓延するあらゆるしがらみを超え、いかに教育実践を進化させてきたのか、紐解いていきます。

  • 柴田 寛文/経済産業省 (元)サービス政策課・教育産業室の課長補佐(総括)
  • 井本 陽久/いもいも教室主宰、栄光学園中学高等学校 非常勤講師
  • 戸田市立戸田東小学校
  • 海老沢 穣/東京都立石神井特別支援学校 指導教諭
  • 横浜市立日枝小学校
  • 清水 直哉/湘南学園中学校高等学校 社会科主任
  • 静岡聖光学院中学校・高等学校
  • 甲斐 昌浩/イルム元町スクール代表
  • 平岩 国泰/放課後NPOアフタースクール 代表理事
  • 長坂 真護/MAGO CREATION株式会社代表取締役 兼 美術家
連載
連載イメージ1

白川寧々の悩める先生相談室

2018年に「教員をグローバルリーダーに。」というミッションのもとに「Hero Makers」を創設し、教育の本質的なシフトを世界的に推し進めるための活動に取り組む起業家であり教育革命家の白川寧々さんが、先生たちから寄せられる悩みや相談に答える連載。

連載イメージ2

池田貴将のデータで見るモチベーションの世界

私たちを動かしている“モチベーション”とは一体なにか?“モチベーション”の正体を突きつけるべく、スタンフォード大、ハーバード大、コロンビア大、ブリンストン大、ペンシルバニア大など、数々の一流研究機関で行われた心理・行動実験を、教育の世界でも応用できるよう図解で分かりやすく解説する連載。

  • 池田 貴将のデータで見るモチベーションの世界 <第1回>大切にしたいことを書き出し、その価値に結びつく予定を入れよう
  • ヒットの裏側 <第1回>目黒 哲也/株式会社学研プラス
  • 白川 寧々の悩める先生相談室 <第1回>海外の大学院に進学したいという決定的な理由が見つかりません(20代・公立の先生)
  • 木村 彰宏の学びの伴走者 <第1回>なぜ、コーチングやファシリテーションスキルが注目されているのか?
  • 働き方ハック <第1回>◯時に帰ると決め、逆算して考える
  • おすすめ図書

先生の学校に参加すると、 年3回、ご自宅までお届け!

参加すると、さっそく最新号が一冊届きます

雑誌「HOPE」 表紙イメージ:HOPE 01

よくあるご質問

1冊目の雑誌はいつ届きますか?

参加申し込みいただいた後、2週間を目安にご自宅へお送りいたします。

雑誌だけ購入できますか?

現在は、雑誌だけの購入は承っておりません。ご了承ください。

1冊目に届く雑誌は選べますか?

申し訳ございませんが、お選びいただくことはできません。基本的にはお申込みいただいたタイミングの最新号をお送りしております。詳しくは下図をご確認ください。

参加タイミングと届く雑誌について

画像:参加タイミングと届く雑誌について