1. TOPページ
  2. 学ぶ
  3. 世界最先端のエコスクール「Green School」の卒業生が描くミライ

世界最先端のエコスクール「Green School」の卒業生が描くミライ

写真:ゲスト露木 志奈さん
露木 志奈さん
プロフィール
2001年横浜生まれ、中華街育ち。15才までは日本の公立学校に通い、高校1年生の夏からバリにある世界で一番エコな学校グリーンスクールに転校。高校三年生でグリーンスクールに通い、2019年6月に卒業。2年前から肌が弱かった妹のために化粧品を作り始め、去年にポーランドで開催された国連気候変動会議に参加をきっかけに体に優しいものだけでなく、地球のことも考えた化粧品を作り始めた。最近では、バリや日本の各地でメイクアップワークショップを行っている。2019の9月から環境について学びを深めるため、慶應義塾大学環境情報学部に入学。趣味はバスケと人と話すこと。

イベント概要

\持続可能な世界をつくる未来のリーダーを育てる学校の教育とは!?/

インドネシアのバリ島に【A community of learners making our world sustainable(世界を持続可能なものにする学習者のコミュニティ)】をミッションに掲げ、自然と人との共生を目指す「Green School(グリーンスクール)」という学校があるのをご存知でしょうか?

2008年に90名の生徒からスタートしたGreen Schoolは、いまでは30ヵ国以上から約500人が集まり学んでいるそうで、2020年にはニュージーランド、2021年には南アフリカにも開校予定と、その影響力は今後も拡大していきそうです。

Green Schoolはジャングルのなかにあり、電力は太陽光と水力発電の自然エネルギーで自給しています。さらにトイレはコンポストで、排泄物は畑の肥料となり、その畑で採れた野菜を学校のランチで食べるので、子どもたちは循環していくシステムを日常生活で自然に学ぶことができます。また、ゴミは21種類に分けてリサイクルし、ペーパーレスも徹底されています。

ここまで環境に配慮された学校を、私はほかに知りません。
そんなGreen Schoolの日本人女性初の卒業生・露木志奈さんが今回のゲストです。

Green Schoolには、生徒のやりたい研究や事業を実現するために学校や先生がサポートしてくれる仕組みもあり、志奈さんはその仕組みを活用して、化粧品について学びを深め、在学中にオーガニックコスメブランドを立ち上げました。

そんな志奈さんは今、日本の大学に入学し、環境について学びを深めながら、ある準備を進めています。

志奈さんがなぜGreen Schoolを選択し、単身で留学することにしたのか、実際の学校生活や印象的だったエピソードなどを伺いながら、私たちが住んでいる地球で今、起きていることや、教育の役割について参加者の皆さんと考えていきたいと思います。

サンプル動画を観る

(先生の学校に参加していなくても視聴できます)

関連過去イベント動画

雑誌HOPE創刊記念対談「きょういくを語ろう」第4弾/フィンランドの教育改革から考える「学校、教員の自治」

雑誌HOPE創刊記念対談「きょういくを語ろう」第4弾/フィンランドの教育改革から・・・

KH Japan Management株式会社 代表 ヒルトゥネン久美子さん/地域おこし協力隊 地下 智隆さん 

フィンランド教育の自治海外の教育

雑誌HOPE創刊記念対談「きょういくを語ろう」第2弾/海外で先生として働く・働いた僕たちが見た世界

雑誌HOPE創刊記念対談「きょういくを語ろう」第2弾/海外で先生として働く・働い・・・

ジャマイカで学習塾開校 古田 優太郎さん/ハーバード大学で元・日本語教員 芳野 順哉さん 

海外の教育