1. TOPページ
  2. 学ぶ
  3. 通級指導教室の実践から学ぶ、ありのままが認められる教室づくり 〜子どもへのまなざ・・・

通級指導教室の実践から学ぶ、ありのままが認められる教室づくり 〜子どもへのまなざしを拡張するアートな見方・考え方とは?〜

通級指導教室の実践から学ぶ、ありのままが認められる教室づくり 〜子どもへのまなざしを拡張するアートな見方・考え方とは?〜
開催日時 2023.08.23(水)20:30〜22:00
参加費 「先生の学校」会員チケット:無料
【一般】参加チケット(録画付):1,000円
【一般】録画専用チケット:800円
会場 オンライン会議室Zoom
・Zoomリンクは前日までに参加者の方へPeatixに登録いただいておりますメールアドレスへお送りします
・当日は20:20以降にリンクをクリックし、お待ちください
プログラム ・『先生の学校』の紹介(10分)
・髙松さんによる講話(50分)
通級指導教室の実践から学ぶ ありのままが認められる教室づくり
子どもへのまなざしを拡張するアートな見方・考え方とは?
・質疑応答(20分)
・クロージング(10分)
登壇者 髙松 智行さん(たかまつ ともゆき)さん
公立小学校 教諭


ありのままが認められる教室って、どんな教室?
子どもへのまなざしを広げるアートな見方・考え方を、公立小・通級指導教室の先生から学ぼう!



「目の前の子どもたちのありのままを受け止めたい」
そのように思ったことはありませんか?

しかし、
ありのままを認めるとは、一体どういうことなのか?
具体的な手立てや取り組みには、どのようなものがあるのか?

日々模索している方も多いと思います。

そこで今回は、アートな見方・考え方を教室に取り入れる、公立小学校の通級指導教室で働く髙松智行さんをゲストにお招きしたイベントを開催します。

アーティストの方々との交流がきっかけで、アートな見方・考え方を教室に取り入れるようになった髙松さん。
特に影響を受けたのは、障がいのある方の不思議な行動を「なんでそんなん!?」と捉え直すところから始まった「なんでそんなんプロジェクト」という取り組みだったそうです。

アートな見方・考え方を教室に取り入れることで、一見すると困った子のように思える子どもたちの行動も、ユニークな姿へと変身し、子どもたちをありのまま認められるようになったといいます。

アートな見方・考え方とは何なのか?
ありのままが認められる教室づくりの実践とは?
髙松さんが子どもと接する上で大事にしていることは?

子どもたちへのまなざしを広げ、深めるイベントになっております。
どなたでもご参加いただけます。奮ってご参加ください。



【日時】
2023年8月23日(水)20:30〜22:00

【参加費】
「先生の学校」会員チケット:無料
【一般】参加チケット(録画付):1,000円
【一般】録画専用チケット:800円

※会員の皆さまは、先生の学校マイページに記載されている8月の【割引コード】を入力いただくと、参加費が無料となります
※一般チケットをお申し込みの皆さまには、イベント終了後3日を目安に録画をお送りいたします。録画視聴期間は1週間となります

【申し込み締め切り】
2023年8月23日(水)17時
※それ以降の申し込みは受け付けることができませんので、ご了承ください

【会場】
オンライン会議室Zoom
・Zoomリンクは前日までに参加者の方へPeatixに登録いただいておりますメールアドレスへお送りします
・当日は20:20以降にリンクをクリックし、お待ちください

【先生の学校メンバー(会員)の皆さまへ】
こちらのイベントは、イベント終了後1週間以内に過去イベント動画アーカイブにて公開されます。
当日の投影資料などの共有があった場合には、申込者のみへの対応となりますので、あらかじめご了承ください。

【プログラム】
・『先生の学校』の紹介(10分)
・髙松さんによる講話(50分)
通級指導教室の実践から学ぶ ありのままが認められる教室づくり
子どもへのまなざしを拡張するアートな見方・考え方とは?
・質疑応答(20分)
・クロージング(10分)

【登壇者】
髙松 智行さん(たかまつ ともゆき)さん
公立小学校 教諭


<プロフィール>
1976年京都府生まれ。横浜国立大学卒業後、神奈川県の公立小学校や横浜国立大学附属鎌倉小学校の教員として美術館を活用した鑑賞教育に携わる傍ら、子どもたちのドキュメンタリー映画やアートプロジェクト「鎌倉なんとかナーレ」の企画者として活動。2014年からは“社会全体が図工室”をコンセプトにした「カマクラ図工室」を主宰し、現職教員やアーティストと共に子どもたちの”未定調和”の旅をサポートしている。現在は、公立小学校に設置されたことばの教室に勤務。ぬかつくるとこ(岡山県の生活介護事業所)が主催する「なんでそんなんプロジェクト」をインストールした教室運営を試みている。

【注意事項】
イベントは記録用に録画をさせていただきますので、あらかじめご了承ください

【キャンセルについて】
一度お申込みいただいたチケットの変更・払戻はできませんので、ご了承ください

【主催者】
教育メディアコミュニティ「先生の学校」
info★sensei-no-gakkou.com
※お問い合わせの際は、★を@に変えてメールをお送りください

こちらもオススメ!

ChatGPT学校活用マスター講座 〜ChatGPTを活用した業務ハックに挑戦してみませんか?〜

ChatGPT学校活用マスター講座 〜ChatGPTを活用した業務ハックに挑戦し・・・

山田 雄太(やまだ ゆうた)さん
山口 康平(やまぐち こうへい)さん
プログラミング教室 3rdschool

受付中
【教育分野のライターを目指す方向け】インタビュー&ライティングゼミ 6期生募集中!(10名限定)

【教育分野のライターを目指す方向け】インタビュー&ライティングゼミ 6期生募集中・・・

三原 菜央
雑誌HOPE by 先生の学校 編集長

栗崎 恵実
雑誌HOPE by 先生の学校 編集部

受付中