1. TOPページ
  2. 学ぶ
  3. 子どもだけでなく、先生も「誰一人取り残さない」 横浜市立山内小学校の共育・共創の・・・

子どもだけでなく、先生も「誰一人取り残さない」 横浜市立山内小学校の共育・共創の学校づくりとは?

子どもだけでなく、先生も「誰一人取り残さない」 横浜市立山内小学校の共育・共創の学校づくりとは?
開催日時 2022.01.15(土)20:00〜21:30
参加費 一般チケット:1,000円
会員チケット:無料
※会員の皆さまは、先生の学校マイページに記載されている2022年1月の【割引コード】を入力いただくと、参加費が無料となります
会場 オンライン会議室Zoom
・【視聴】ページよりZoomリンクをご確認ください(リンクは開催前日までに設定されます)。また、当日Peatixに登録いただいておりますメールアドレスへもお送りします。
・当日19:50以降にリンクをクリックし、チェックインしてください。

プログラム ・『先生の学校』の紹介
・佐藤校長による講話
「子どもだけでなく、先生も「誰一人取り残さない」横浜市立山内小学校の共育・共創の学校づくりとは?」
・質疑応答
※プログラム内容は変更になる可能性があります
登壇者 佐藤 正淳さん
横浜市立山内小学校 校長


子どもだけでなく、先生も「誰一人取り残さない」
横浜市立山内小学校の共育・共創の学校づくりとは?

最上位概念に「誰一人取り残さない」を掲げ、教科分担制やチーム学年経営など一人の子を複数の眼差しで支える取り組みや、校内にフリースクールを設けるなど、誰一人取り残さない仕組みを数々実践されている横浜市立山内小学校は、まもなく創立150年を迎える公立小学校です。

PTAとは別に、地域と学校の連携を促進する「Yぷらす」という組織を作り、学校、保護者、地域全員で子どもたちを育む「共育・共創の学校」づくりに取り組んでいらっしゃいます。

そこで今回は、山内小学校校長の佐藤正淳さんをゲストに迎え、誰一人取り残さない共育・共創の学校づくりについてお話を伺います。

どなたでもご参加いただけます。
奮ってご参加ください!



【日時】
2022年1月15日(土)20:00〜21:30(19:50から入室できます)

【参加費】
一般チケット:1,000円
会員チケット:無料
※会員の皆さまは、先生の学校マイページに記載されている2022年1月の【割引コード】を入力いただくと、参加費が無料となります

【申し込み締め切り】
2021年1月15日(土)17時
※それ以降の申し込みは受け付けることができませんので、ご了承ください

【会場】
オンライン会議室Zoom
・【視聴】ページよりZoomリンクをご確認ください(リンクは開催前日までに設定されます)。また、当日Peatixに登録いただいておりますメールアドレスへもお送りします。
・当日19:50以降にリンクをクリックし、チェックインしてください。

【先生の学校メンバー(会員)の皆さまへ】
こちらのイベントは、イベント終了後1週間以内に過去イベント動画アーカイブにて公開されます。当日の投影資料などの共有があった場合には、申込者のみへの対応となりますので、あらかじめご了承ください。

【プログラム】
・『先生の学校』の紹介
・佐藤校長による講話
「子どもだけでなく、先生も「誰一人取り残さない」横浜市立山内小学校の共育・共創の学校づくりとは?」
・質疑応答
※プログラム内容は変更になる可能性があります

【登壇者】
佐藤 正淳 (さとう しょうじゅん)
横浜市立山内小学校 校長

<プロフィール>
1967年生まれ、54歳。福島県出身。文教大学教育学部卒。1989年、横浜市立あざみ野第二小学校で教員人生をスタート。1995年から10年間在籍した西前小学校では、特別支援学級を5年間担当。2005年から3年間、ルーマニア・ブカレスト日本人学校に勤務。帰国後、白幡小学校では教務主任や副校長の立場から、地域や企業と連携した先進的な取り組みを牽引。2013年から6年間、横浜市教育委員会事務局教育政策推進課指導主事として「横浜教育ビジョン2030」の策定や働き方改革の推進等に取り組む。2017~2018年には文部科学省の業務改善アドバイザーとして全国各地に出向き、働き方改革に係る講演等を行う。2019年より現職。

【注意事項】
・イベントは記録用に録画をさせていただきますので、あらかじめご了承ください
・録画の共有は、先生の学校の会員の方へのみの提供となります。録画をご希望の方は、会員登録をご検討ください
https://www.sensei-no-gakkou.com/join/

【キャンセルについて】
一度お申込みいただいたチケットの変更・払戻はできませんので、ご了承ください

こちらもオススメ!

【参加無料】中高生の自己理解を深めるジャーナリング×AIフィードバックの可能性〜実証実験で約9割の中高生が「自己認知向上」、8割が「メンタルヘルス向上」につながると回答〜

【参加無料】中高生の自己理解を深めるジャーナリング×AIフィードバックの可能性〜・・・

牛込 紘太さん
追手門学院中・高等学校
創造コース教育推進部 部長、探究科 キュレーター

齋藤 春香さん
三田国際学園中学校・高等学校
中学2年メディカルサイエンステクノロジークラス担任、学習指導部、情報科

受付中